上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- comments

非公開コメント

貧血についてまだまだ語る


昨日の記事に、きぐまさんからいただいたコメント。
ありがとうございます!

きぐまさんも、鉄欠乏症貧血のご経験があるとのこと・・・・(ワタクシよりずっと重症!)

過去記事を読ませていただいたのですが

んもう


「こんなに記事にのこしてくださって多謝ーーーー!」


女性ランナーさんの経験談がなによりも参考になります。
貧血」エントリーの記事はすべて読ませていただきました。励みになるぅぅぅ・・・・・

特に、こちらの記事(リンク貼らせていただいてヨロシでしょうか・・・?)

SOSサイン

ここ数カ月の自分が感じた不調と重なる部分が「あるある!」
PCの前でうなずきすぎて首がもげそーになりました。
(吐き気は感じませんでしたが、微熱はちょいちょいありました。アレも貧血だったのね!!きぃー!)

それから、きぐまさんもリンクされていたコチラのサイト

SILENTSHEEP*NET

「ランナー」「貧血」のググり中に参考にさせていただいたのですが
(この方のヘモグロビン値も、男性の基準値と比べてとっても低い。おつらかったでしょうね・・・
にしても、マラソン速っ!ひー)


特に参考にさせていただいたのは

・ランナーに特有の原因
・貧血の兆候・症状


そなの。
このかたも記事で書いてるけども、走れるのです。違和感は強いけど走れちゃうの。
でも、徐々にジョグでも息があがりだして、タイムを測るのが無駄なのではとおもうほど力が入らなくなるの。

それを

年齢的に体力が落ちた
とか
練習足りない?

とおもっていたのです。

貧血とまったく結びつかなかったのは、ここ数年の健康診断で、ヘモグロビン値が基準以下でも自覚症状がなく日常生活をおくって走れていたから。

2013年から基準値以下がずっと続いているのですが(当時 10g/dl)、2013年といえばね

・フルマラソン完走
・ランニングが習慣化

と、運動量が一気に増えだしたころ。
鉄欠乏症は、必要な鉄分が運動量に間に合わなくなったから、と考えておかしくないかもしれません。


まずはヘモグロビンの値を正常にして、貯蔵鉄のリカバリーね。。。おーけー。


鉄活に励むのだ!


不調の理由がわかってほっとしております(о´∀`о)




にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

にほんブログ村
スポンサーサイト

0 comments

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。