FC2ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- comments

非公開コメント

貧血について付け焼刃的に語る


昨日貧血の診断をうけて、鉄剤の服用を始めました。

1錠 50mg を一日に2錠 = 100mg

病院で処方されたものなのですが、市販の鉄分サプリとくらべて、鉄の量が全然違ーう!
錠剤そのものが鉄の匂いがします。

半年の服用、との指示ですが、2か月~3か月くらいでヘモグロビンの数値は正常になるようです。

そこから更に数か月服用する理由は、「貯蔵鉄」として体内に蓄えるための鉄を正常値にもどすため。
ヘモグロビンより、こちらのほうが時間がかかるとのこと。

*****************************

そもそも 貧血 てば 何?

貧血 = 血液中のヘモグロビンの量が基準値より下の状態。

ヘモグロビンの役目 = 肺から取り込まれた酸素を体内に運搬する。

貧血になると = 血液の酸素運搬がうまくいかなくなり、体が酸欠状態になる。

結果 = 全身倦怠感、疲労感、息切れなど。


肺が酸素をたくさん取り入れようとして、心臓はたくさん血液を送ろうとして通常以上に働き、息切れや動悸がおこる。

少しの運動でも息が切れてくる

のに、マラソンの練習続けたのは、故障のように痛みはないのではしれちゃうの・・・・でも息くるすぃ・・・・

体に無理が重なるので悪循環

はなももをガクブルで走ることになる。

医者に絶句される ←イマココ


貧血の原因の大半は「鉄欠乏症」
ワタシもおそらくそうでしょう、との診断でした(正式な結果は再診察でオハナシがあるのですが)

ヘモグロビンは鉄で作られているので、鉄が不足すると必然的にヘモグロビンも不足。
ヘモグロビンを作る鉄が不足すると体内に蓄えられてる「貯蔵鉄(フェリチン)」から不足分が使われます。

健康診断の血液検査の結果にフェリチンの値はのっていないので、自分の値はわからないのですが、次回の診察で教えてもらえる予定・・・どれだけ低いかコワイ!

ですので 鉄剤の服用の目的
1.ヘモグロビンの数を正常化して
2.フェリチンの数を正常化すること

1には2~3か月、2にはさらに数か月かかること、になるのですー (by 絶句先生の説明&グーグル先生)

時間はかかっても、全然オッケー!!
このだるさがなくなるなら。
また楽しく走れるのなら。


ジョグはいつOKでるかしら。
たのしみ。


体調不良の原因がわかるきっかけになった、はなももに感謝!

貧血経過報告、ちょいちょいいれていきます♪


ちなみに

ランニングと貧血、関係が深いようです。
激しい運動時、汗と一緒に鉄分も出てしまうので、鉄欠乏症貧血になりやすいとのこと。


そのダルさ、きをつけろよぉぉーーーーー!

ホントにねっ


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

にほんブログ村
スポンサーサイト

2 comments

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。