来年名古屋へ最初の布石を投じてみた、よ

距離  10キロ(av. 5:53)

8キロまでジョグペース 残り2キロであげあげでこーと思ったけどさげさげになりそうだったので、ちょうど後ろからさわやかに走ってこられた地元の走友会(?)の方の背中追っかけ、プチあげしてみました。

しんどー


名古屋、盛り上げってますねー
普段テレビでマラソン中継ってほとんどみないのですが、今回はスタート時ばっちりテレビ前におりました。

ねえ、なんでエントリーしなかったの・・・
むちゃむちゃ盛り上がってるじゃないの・・・
去年のエントリー時、なにしてたのyo

とはいえ、家族も仕事もある身としては、前泊必要な大会だと、簡単に参加できるものでもないですよね。

そんなこんなをクリアしてスタート地点に立った方々、眩すぃ!


で、「来年は名古屋に」と朝っぱらから燃焼マックスな気持ちを、夫にプレゼンしてみることにしました。

タイミング狙ってね、相手の疲労度なんかとも相談してね、うまーくね、控えめにね・・・

朝一はやめたがいいよね、ほら、昨日もおそかったみたいだし。

夫寝室からリビングに現れる。今はやめたが・・・


「いま、テレビで名古屋ウィメンズって大会やってるんだけどね」(ノーブレス。息継ぎなし)

理性の塊のワタクシのかわりに、名古屋の妖精がヒョコヒョコっとささやく。タイミングKYな妖精が。

「来年出ようと思うんだけど」(声色高め)

「ものすごく盛り上がってるみたいでね」(単一トーン)

「なんかすっごい盛り上がってるみたいでね」(声色高め単一トーン リピート)

名古屋の妖精に操られたワタクシに、夫の一言


「出るの??ハハハ!!


・・・ハハハ?

それってYESってことでしょうか。NOと言えない日本人的なNOの表現でしょうか。

とりあえず、こういうパターンの場合、かぶせないこと大事ね。
ホットケーキの準備してるから、「あー、つくろうか」と作ってみたりね。


とりえあず、最初の布石は投じてみた。届いてないようですけど。


で、今後の流れを考えてみました。

・夏以降 ノイズ期
忘れたころに、微妙に耳障りなノイズ程度に、「名古屋」ネタを会話に盛り込む。
相手が「なんかいった?」」くらいの引っ掛かり具合が好ましい。「なんか言った?」と言われてても、細かい説明は不要。愛される受け答えを身につけること。

ニュースに名古屋が出た時などに便乗して、「そうかー、3月はどうかなー」など、盛り込むのも◎

・秋 エントリー期
まずは、エントリーして自分を追い込む。「行かねばエントリー費が無駄になる」のですから

・年末 帰省時(仮
義理実家が名古屋方面なのは大きなアドバンテージ。さらに義理母がマラソン好きという好条件。これでうまく運ばなきゃ己のプレゼン力不足は否めない。義理母との会話に、旬の箱根駅伝と絡ませて、「名古屋でー女性だけの大会があってー」とサブリミナル効果的にちょいちょいと粘っこく入れていく。

・来年2月ごろ(希望)
ついに、夫から、自発的に以下の言葉が


「あれ?来月名古屋行くんだっけ?」


。゚ヽ(゚´Д`)ノ゚。ヤッターン


もらった・・・


・・・・書くだけでもらった感ハンパないですが。ウフフ


もうすぐゴールラッシュが始まるころでしょうか、皆さま頑張ってーーー!!



にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村







スポンサーサイト

4 comments

非公開コメント

0 trackbacks

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)